2019年08月14日

木造耐震技術者講習会に行ってきました。

7/11 木造耐震技術者講習会に行ってきました。何年か前に認定された東京都木造耐震診断技術者の定期講習になります。

今回の講習で地震被害の事例で取り上げられたのは、熊本地震でした。熊本地震で建物被害が大きかった理由は主に3点。
1.地震の周期が長周期だった
2.表層地盤増幅率の高いエリア
3.設計の問題

詳しく見ると1については、建物の固有周期と地震の周波数が近い場合、共振するため建物への負荷が大きくなります。長周期地震の場合、木造2階建ての建物が共振して被害が大きくなります。耐震の理念は、このような共振状態で建物が倒壊しない(壊れるけど、避難できる)という線引きになります。
2019年山形沖地震で倒壊被害が少なかったのは、短周期地震のためとのことです。

2は表層地盤増幅率が高いほど、同じ入力はでも地表での揺れが大きくなります。検索すると250mグリッドで地域の表層地盤増幅率は調べられるので、応じて耐力壁量の調整が必要です。

3は設計の問題です。 一般的な木造2階建ての仕様規定の場合、専門的な構造計算をしなくても仕様さえ満たせよく、審査も免除されます。そのため、本来構造体(軸組)の組み方を見ながら力の伝達ルートをみる、という視点がないまま設計される建物がたまにあるようです。 その場合、必要な緊結金物が必要な場所になく、柱が抜けてしまいます。といった事例があったそうです。

そんなこんなで、木造2階建ての建築基準法仕様規定が変わるかも?という話もあるようです。たしかに、基準法を満たしても耐震診断したらまるでダメ(2階床面積が1階よりも大きい場合とか)というのも見かけるので、したほうがよいとは思います。

おわり
posted by しまだ at 14:12| Comment(0) | 日記

2019年07月15日

長野県飯田市散策

7月の長野県飯田市へ。目的は伊那八幡散策と宿泊するやまいろゲストハウス、旧小笠原家書院です。

伊那八幡 やまいろゲストハウス
やまいろゲストハウスは伊那八幡駅ちかくにある古民家をリノベーションした建物です。設計は諏訪のリビセンさん。古い建物を違和感なく新しい雰囲気にするデザインです。

YAMAIRO_guesthouse_003.jpg

YAMAIRO_guesthouse_004.jpg

YAMAIRO_guesthouse_009.jpg



伊那八幡の街の印象は、古い建物と水です。 ゲストハウスとなりは元酒屋で、見どころはなまこ壁。なまこの間の四角い部分がランダムなテクスチャーとなっており、圧巻ながらも柔らかい雰囲気です。

sIMG_3739.jpg

sIMG_3746.jpg



歩いていると水の音があちこちから聞こえてきます。 それを堪能できるのは鳩ヶ嶺八幡宮。見た目だけでなく、水音も含めて空間が演出されています。

sIMG_3807.jpg

sIMG_3815.jpg

sIMG_3831.jpg


旧小笠原家書院
旧小笠原家書院(国重文)は一見派手な印象はないのですが、実は派手です。対面している現代建築はSANNA設計の資料館です。

sIMG_3851.jpg

来客応対用書院造と見せかけて、数寄屋のニュアンスが入っていたり、がけに張り出してつくり清水の舞台のような足場を組んだり、装飾性を減らしたモダンな欄間にしたり、採光面を高さ方向に大きくしたり、とかなりチャレンジしているようです。

sIMG_3846.jpg

sIMG_3855.jpg

sIMG_3878.jpg

sIMG_3906.jpg

資料館を設計した妹島和世さんは小笠原家の流れをくんでいるかた、と聞いたとき、このクリエイティブな姿勢を受け継いでいるのかも?と勝手な納得。

posted by しまだ at 11:41| Comment(0) | 見学・旅行

2019年06月13日

本棚ブース工事中 ~Homebase YAIZU

焼津のコワーキングスペース「Homebase YAIZU」の2階に、ブース席を準備中です。一定期間契約による専用ブースになります。

190427_HomebaseYSIZU_DIY_008.jpg

特長は「本棚」です。本棚で囲われた専用ブースに個人の本をならべ、お好みでスペースをカスタマイズできるように。机は幅110cm、奥行70cmとゆったり。デスクトップPCを置いても資料が広げられます。

190427_HomebaseYSIZU_DIY_009.jpg

もちろん本棚製作はDIY。地元の木工屋さんにもご協力いただきました。
まだ改装中ですが、近々HomebaseYAIZUより入居者募集予定です。

190427_HomebaseYSIZU_DIY_002.jpg

190427_HomebaseYSIZU_DIY_006.jpg

190427_HomebaseYSIZU_DIY_005.jpg
posted by しまだ at 09:54| Comment(0) | 日記

2019年06月07日

木製折り畳み屋台開発中

公共空間を活用して古本市をしたいので、ちょっとした屋台を20台作りたい、というご相談あり。 20台となると色々問題点が発生します。主に4つ。
・DIYしてもかなり切り詰めないとあっというまにすごい費用に、、、。 
・つくるのは素人(わたしも)という製作難易度でできること。
・1台当たりの製作時間は短く。
・20台の保管スペースがなるべくちいさく。

結構難題ですが、とりあえずプロトタイプを製作しました。材料は垂木30×40、構造用合板、接続部・可動部金物はボルトというラフさですが、なかなかいい感じに。販売、レンタルしても?というできです。

今後ブラッシュアップしつつ日射、塗装など材変形の確認、メンテナンス性の検証などなどすすめていきます。 

190602_木製折り畳み屋台001.jpg

190602_木製折り畳み屋台002.jpg

posted by しまだ at 19:29| Comment(0) | 技術

2019年05月12日

NABOいってきました ~長野県上田市の古本屋

最近、空間−本棚−本のインテリア能力、カスタマイズ性に着目し、色々なブックカフェや古本屋を見て廻ってます。今回は日本最大の古本ネット販売サイトを運営する「バリューブックス」さんによる、初めての実店舗(2014オープン)であるNABOに行ってきました。長野県上田市にあるブックカフェです。

190504_NABO_上田_005.jpg

190504_NABO_上田_001.jpg

190504_NABO_上田_003.jpg

古民家をリノベーションした空間に並ぶ本は、膨大なバリューブックス蔵書の中からセレクトされたものです。本で囲われたスペースには机や椅子がならび、くつろぎながら本や食事を堪能できます。

190504_NABO_上田_006.jpg

190504_NABO_上田_009.jpg


その何軒かとなりにも2018年に「バリューブックス・ラボ」をオープン。こちらは買取の際に廃棄扱いとされた本をなんとかしたい、という思いでつくられた古本屋+ギャラリーです。こちらも古い建物をリノベーションしています。

190504_NABO_上田_013.jpg

190504_NABO_上田_015.jpg

posted by しまだ at 12:25| Comment(0) | 日記

2019年05月11日

前山寺 ~佐久平 山梨

山梨の佐久平にある前山寺を訪問。山梨というのはふらふらしてると国宝や国の重要文化財にでくわすので、東京から近いこともありしばしば行きます。

190504_前山寺_001.jpg

190504_前山寺_008.jpg

石畳、前庭、門の先に「未完成の完成の塔」とよばれる国の重文である三重の塔があります。
欄干や窓をつけていれば完成となり国宝だった、という話もあれば、完成させていたら未完状態と比べ劣るかも?という話もあり。

190504_前山寺_002.jpg

庫裏では「くるみおはぎ」が堪能できます。その部屋から見える庭、その向こうに広がる山梨の山並みは、アプローチから流れが演出されています。

190504_前山寺_005.jpg

190504_前山寺_010.jpg
posted by しまだ at 09:11| Comment(0) | 見学・旅行

蜂巣小珈琲店へ ~栃木県大田原市

「蜂巣小珈琲店」は障害者の作業所として旧蜂巣小をリノベーションして、カフェ、ギャラリー、スイーツ製造所として活用している施設です。

190503_蜂巣小ヒカリノカフェ_001.jpg

ホールには障害者の方々もサポートを受けながら立ち、就労支援であると同時に、障害施設を地域に開く、という機能も果たしているようです。おしゃれな空間には若い人たちの来客が多く、ランチメニューの中には売り切れなものがあるくらいの繁盛ぶりで、支援施設であることを感じない場所です。

190503_蜂巣小ヒカリノカフェ_012.jpg

190503_蜂巣小ヒカリノカフェ_011.jpg

190503_蜂巣小ヒカリノカフェ_013.jpg

木造のリノベーションは新旧の関係づけがなかなかむずかしく、古いまま、または新品のように、とすることが多いのですが、この建物はそのあたりのコントロールが絶妙でした。凄腕です。

190503_蜂巣小ヒカリノカフェ_023.jpg

もちろんお食事は部美味です。
posted by しまだ at 02:00| Comment(0) | 見学・旅行