2020年03月04日

この春より長野県飯島町へ事務所・住居とも移転します


この春より、長野県飯島町にて、地域おこし協力隊として勤務することになりました。任務は空き家等の利活用促進です。それに伴い、事務所および住居を飯島町へ移転します。

飯島町_iijima_001.jpg

「飯島町にいくかも?」という話をすると、おおむね「???どこ???」という反応をいただきます。長野県で現地のかたでも「???飯田?飯山??」という反応が多いエリアです。場所は南信州の上伊那エリア。都心へのアクセスは中央自動車道で新宿から3.5~4時間、名古屋から2時間ほどです。私もまだ情報不足のため、今後収集がてら発信できればと思います。この記事では経緯についてまとめてます。



まず移転先探し

以前より、移住先を検討していました。条件は3つ
1.いまの東京での仕事を継続できる距離
2.静岡県焼津市のHomebase Yaizuでの取り組みを継続できる距離
3.弊社にて空き家利活用事業をはじめる場所

1、2の条件から山梨、長野あたりの移住イベントを中心に情報収集していました。3については現地視察と並行し、移住イベントの各自治体の窓口での会話から、感触をさぐっていました。

ここで探っていたのは、空き家利活用促進の進捗状況。 空き家の利活用事業は、すでに利活用が進んでいる地域ではあまり必要ありません。空き家の流通を促す活用促進ではなく、活用して実際に使ってくれるプレイヤーを探しています。 
それに対し、利活用がまったく進んでいない地域では、利活用事業を始めるハードルが高くなります。利活用促進は、地域の方々に空き家を市場にだしてもらうことがスタートなので、この段階では地域自治体や所有者の自主性が必要であり、外からの事業者が関わるのが困難です。

で、飯島町。相談にいった時期(昨年7月頃)は、ちょうど町として体制を整え、次の段階へ展開していくところでした。現存する空き家に対しバンクへの登録数はまだ多くはありませんが、動きはある様子。イベント時に窓口対応いただいた方々も面白かったのもあり(この春から上司に、、、)急ぎ飯島へ視察することに。、南信州初上陸。

飯島町_iijima_002.jpg



南信州・飯島町散策

東京から諏訪まで高速で、そこからは下道で辰野から飯田まで南信州全体を見て廻りました。そのなかで飯島の印象は「きちんと田舎」してるところ。

道中の幹線道路沿いは、それなりに平野部には全国展開の大型チェーン店やカーディーラーなどがありますが、飯島にはあまり見かけず、あっても道の駅や農家と共存したホームセンター、スーパー、最低限のコンビニなど地域とのつながりが深そうなもの。要因は今後要調査ですが、このような田園風景が維持されれば、魅力的な地域だと感じました。

気になったのは、外から来た人が関われる空間が見えてこないところ。道の駅とおみやげ、飲食店はありますが、過ごす場所がみつかりにくい印象です。

もう一点気になったのは、どこの車社会も共通で「人の姿を街中でみかけない」。これは、町にいないわけではないので、休日も含めどこにいるのか今後要調査です。

よいとこ、課題、できることの可能性を感じ、急ぎ企画書の作成にとりかかりました。方向性としては「設計事務所やりつつ、外から来た人の窓口となる施設を始めようかと。なにか町と協力できれば」という趣旨の企画書を用意し、町役場に提案しましたところ好感触。そこからやりとりしていると、町役場より「空き家利活用促進のための”地域おこし協力隊”を募集する」とのお話が。隊員になったほうが、なにかとすすめやすいのでは?という流れに。

飯島町_iijima_004.jpg


???地域おこし協力隊とは???

???地域おこし協力隊とは???存在は知っていましたが、PR業務を中心としたインフルエンサー的なイメージでいたので、お話を聞いたときは困惑しました。が、調べてみると色々なありかたがあるようです。 現地の特色を発見・発信するのがメインのタイプもあれば、産業を引き継ぐタイプ、新規プロジェクトを立ち上げるタイプなど様々。自分なりのかかわりかたを設定すればよいみたいです。

その後、この制度がはじまってから10年という節目に、これまでの実績・課題をまとめた本「地域おこし協力隊 10年の挑戦」を参考にしたり、協力隊経験者他多くの方々にご意見いただきました。 おおむね共通した意見としては、うまくいくかどうかは

1.地域住民の自主性
2.協力隊が地域に入ろうとする姿勢
(完全に地域住民になることを求めると難しいけど)
3.互いの目的が一致するようなマッチング
4.所属先の行政担当のかた
が大事なようです。

1についてはまだよくわかりません、、、が、いずれにしても何かしようとしてる人とつながっていく作業からスタートになります。 2については自分次第。 3の検証にあたり、町の意向を配慮しつつ、協力隊として、弊社としてそろぞれの立ち位置で任期・任期後の仮スケジュールを作成。これを町役場と共有することでマッチングできそうな感触を得ることができました。 4については言うまでもなく、移住イベント窓口での印象がなければ、「飯島で検討」には至らなかったと思います。
そんなこんなで協力隊に応募してみることに。

飯島町_iijima_003.jpg



採用のながれ

この段階で、役場のかたといろいろ相談を重ねました、、、が、協力隊の採用については「公募」が必要です。(公共での採用なので当然ですが) 緊張しながら書類選考、面談を経て、無事採用となりました。後日談として、採用の決め手は「資格」だったそうです。地域おこし協力隊のためではないのですが、空き家活用事業の企業に向け、以前より関連の資格等を取得していました。

・一級建築士
・一級建築士事務所管理者
・木造耐震技術者
・既存住宅状況調査技術者
※近いうちに宅建も取得予定(合格できれば)

今後空き家バンクだけでなく、一般中古物件の売買時にインスペクション(=建物調査)をつける流れになっています。つけることで、買い手が建物の状態を把握できるだけでなく、仲介業者のリスクマネジメントにもなります。 既存住宅状況調査技術者は、このインスペクションを作成できる資格になります。資格関連の直接的な仕事を協力隊の業務区分ではできませんが(建築士事務所所属の建築士が条件なので、もし業務を行うなら弊社業務区分として)、これからいろんな人と会う上で便利です。

飯島町_iijima_006.jpg


以上が現在に至る経緯になります。

実はもう一点、飯島町に決めた理由があります。ある町の施設で、施設の利活用PRについてスタッフのおばちゃんとおしゃべりしていました。 こういう思いやエネルギーがある町なら、つながりが拡がっていくかも?と感じたのは大きな影響でした。 おばちゃんが覚えているかはわかりませんが、落ち着いたらご挨拶に伺おうかと。

飯島町_iijima_005.jpg



posted by しまだ at 12:21| Comment(0) | 日記