2019年08月14日

木造耐震技術者講習会に行ってきました。

7/11 木造耐震技術者講習会に行ってきました。何年か前に認定された東京都木造耐震診断技術者の定期講習になります。

今回の講習で地震被害の事例で取り上げられたのは、熊本地震でした。熊本地震で建物被害が大きかった理由は主に3点。
1.地震の周期が長周期だった
2.表層地盤増幅率の高いエリア
3.設計の問題

詳しく見ると1については、建物の固有周期と地震の周波数が近い場合、共振するため建物への負荷が大きくなります。長周期地震の場合、木造2階建ての建物が共振して被害が大きくなります。耐震の理念は、このような共振状態で建物が倒壊しない(壊れるけど、避難できる)という線引きになります。
2019年山形沖地震で倒壊被害が少なかったのは、短周期地震のためとのことです。

2は表層地盤増幅率が高いほど、同じ入力はでも地表での揺れが大きくなります。検索すると250mグリッドで地域の表層地盤増幅率は調べられるので、応じて耐力壁量の調整が必要です。

3は設計の問題です。 一般的な木造2階建ての仕様規定の場合、専門的な構造計算をしなくても仕様さえ満たせよく、審査も免除されます。そのため、本来構造体(軸組)の組み方を見ながら力の伝達ルートをみる、という視点がないまま設計される建物がたまにあるようです。 その場合、必要な緊結金物が必要な場所になく、柱が抜けてしまいます。といった事例があったそうです。

そんなこんなで、木造2階建ての建築基準法仕様規定が変わるかも?という話もあるようです。たしかに、基準法を満たしても耐震診断したらまるでダメ(2階床面積が1階よりも大きい場合とか)というのも見かけるので、したほうがよいとは思います。

おわり
posted by しまだ at 14:12| Comment(0) | 日記

2019年06月13日

本棚ブース工事中 ~Homebase YAIZU

焼津のコワーキングスペース「Homebase YAIZU」の2階に、ブース席を準備中です。一定期間契約による専用ブースになります。

190427_HomebaseYSIZU_DIY_008.jpg

特長は「本棚」です。本棚で囲われた専用ブースに個人の本をならべ、お好みでスペースをカスタマイズできるように。机は幅110cm、奥行70cmとゆったり。デスクトップPCを置いても資料が広げられます。

190427_HomebaseYSIZU_DIY_009.jpg

もちろん本棚製作はDIY。地元の木工屋さんにもご協力いただきました。
まだ改装中ですが、近々HomebaseYAIZUより入居者募集予定です。

190427_HomebaseYSIZU_DIY_002.jpg

190427_HomebaseYSIZU_DIY_006.jpg

190427_HomebaseYSIZU_DIY_005.jpg
posted by しまだ at 09:54| Comment(0) | 日記

2019年05月12日

NABOいってきました ~長野県上田市の古本屋

最近、空間−本棚−本のインテリア能力、カスタマイズ性に着目し、色々なブックカフェや古本屋を見て廻ってます。今回は日本最大の古本ネット販売サイトを運営する「バリューブックス」さんによる、初めての実店舗(2014オープン)であるNABOに行ってきました。長野県上田市にあるブックカフェです。

190504_NABO_上田_005.jpg

190504_NABO_上田_001.jpg

190504_NABO_上田_003.jpg

古民家をリノベーションした空間に並ぶ本は、膨大なバリューブックス蔵書の中からセレクトされたものです。本で囲われたスペースには机や椅子がならび、くつろぎながら本や食事を堪能できます。

190504_NABO_上田_006.jpg

190504_NABO_上田_009.jpg


その何軒かとなりにも2018年に「バリューブックス・ラボ」をオープン。こちらは買取の際に廃棄扱いとされた本をなんとかしたい、という思いでつくられた古本屋+ギャラリーです。こちらも古い建物をリノベーションしています。

190504_NABO_上田_013.jpg

190504_NABO_上田_015.jpg

posted by しまだ at 12:25| Comment(0) | 日記

2019年02月05日

本年のDIY初め

静岡県焼津市にあるコワーキングスペースHomebaseYAIZUにて本年のDIY初めでした。今回は建物内の他の部分で使われていた味のある古い建具を活用。ちょっとテンションが上がります。

190201_HomebaseYAIZU_DIY_003.jpg


ガラスには当時の型板ガラスの模様がはいっており、レトロな感じ。やはり古い建物に古い建材の活用するとなじみがよいです。他材料は、焼津出身の工務店現場監督さんに現場で余ったものをたくさんご提供いただきました。「また必要になったら言って!」といっていただいたので、今後も遠慮なく。

190201_HomebaseYAIZU_DIY_001.jpg

ここでDIYを始めて1年になり、ずいぶん上達しました。いまのところ難易度の高いDIYが続いてますが、まだまだ徐々に作り続けますので、暖かくなるころにはまたDIYイベントができればと考えてます。あと、解体する古民家の古い建具をいただく、ということも今後すすめていければと算段中。

posted by しまだ at 18:33| Comment(0) | 日記

2018年09月11日

吉原商店街散策 〜静岡県富士市

9/8 静岡県富士市の吉原商店街に。目的は廃ビルをリノベーションした「MARUICHI BLGD.1962」(通称マルイチビル)とつけナポリタンです。
岳南鉄道の木造駅舎からレトロな街並みを歩いていると、商店街のなかにマルイチビルはあります。

180908_吉原商店街_016.jpg

180908_吉原商店街_013.jpg

180908_吉原商店街_007.jpg

このビルの運営には、とある建築設計コンペ2次審査でお会いした勝亦丸山建築計画さんが参加しており、もちろん改修設計からDIY、そして現在はビル内に事務所をおきながら商店街の活性化に取り組まれています。


180908_吉原商店街_005.jpg

180908_吉原商店街_002.jpg

こちらは事務所が入っている階。コワーキングスペースでもあり、デザイナーさんや様々な職業の方々がお仕事されてました。こんなものをつくってる人も。

180908_吉原商店街_004.jpg


商店街の遊休不動産の活用を促すため、大学と一緒に商店街の空き家や空きテナントの調査・ヒアリングを行ったそうです。空いてる建物所有者に貸す意志の有無の確認、意志がある場合は建物の実測調査図面作成、という膨大な業務です。この資料があれば、吉原商店街で事業を始めたい人は簡単に物件情報が得られるので、開業準備のハードルが下がります。

180908_吉原商店街_001.jpg

勝亦丸山建築計画の勝俣さんより、改装にあたり耐震改修をきちんとしたこと、コスト削減のためにした設計の工夫、DIY大変話など色々うがいました。今後の参考にします。


マルイチビルをあとにし、つけナポリタン発祥の地「アドニス」へ。美味。

180908_吉原商店街_009.jpg

posted by しまだ at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月10日

休憩スペースつくりました 〜HomebaseYAIZU

玄関もやや完成し(7月に)だいぶ街並みになじんできました。通りがかりに覗いて行かれるかたも増えてきました。
Homebase YAIZUについてはこちら

180907_homebaseYAIZU_011.jpg

夜はこんな感じです

180907_homebaseYAIZU_004.jpg


つぎの段階として(内装はさておき)、商店街に休憩スペース用の机・椅子を置いてみました。設置の時間帯や位置・使用目的など道交法の検証しつつ、道行く方々に活用いただければと思います。

180907_homebaseYAIZU_001.jpg

折りたたみ可能です。まだ製作難易度が高いので、簡単につくれ誰でもDIYで作れるように改良していきます。
posted by しまだ at 11:58| Comment(0) | 日記

2018年08月28日

齋藤氏庭園見学 〜宮城県石巻市

近代の東北3大地主と言われる齋藤氏の邸宅にある庭園「齋藤氏庭園」を見学に。あちこち震災の復旧作業中ですが、庭と復旧済の建物は見学可能です。(庭の一部は復旧エリア内のためいまのところ見れず)

s18081802_齋藤氏庭園_001.jpg

s18081802_齋藤氏庭園_002.jpg

2005年名勝に指定されたため、文科省の指針に基づき再現復旧をすすめており、たいへん時間がかかるそうです。左官職人さんは滋賀から来ている、とのこと。(壁用の土づくり中)

s18081802_齋藤氏庭園_012.jpg

復旧工事の傍ら、職員の方々が案内や草取りをしながら大切に管理されている庭は見応えがあります。

s18081802_齋藤氏庭園_005.jpg

s18081802_齋藤氏庭園_007.jpg

s18081802_齋藤氏庭園_008.jpg

s18081802_齋藤氏庭園_009.jpg

s18081802_齋藤氏庭園_010.jpg

復旧までの様子も含め、再訪したいと思います。

s18081802_齋藤氏庭園_011.jpg



posted by しまだ at 11:00| Comment(0) | 日記