2018年07月17日

散策 〜富岡・軽井沢

夏に入り猛暑日が続く中、暑さ厳しい北関東とその横にある避暑地の軽井沢へ。近代・現代建築から寺社や土木遺産、自然など色々満喫してきました。

180715_karuizawa_tomioka_006.jpg

はじめに富岡製糸場へ。木骨レンガ造の外壁と木トラスの屋根が魅力の世界遺産です。木骨レンガ造は事例が少なく構造計算上のデータも少ないため、現在行われている大改修にあたりサンプルを作成、構造試験を行い、耐震性を確保しつつ改修をすすめているとのこと。

180715_karuizawa_tomioka_003.jpg

180715_karuizawa_tomioka_005.jpg



つづいて富岡製糸場から最寄り駅の上州富岡駅へ。近年建築コンペによりリニューアルされた駅です。

180715_karuizawa_tomioka_001.jpg



軽井沢へ向かう道中で妙義神社・碓氷第三橋梁(めがね橋)と鉄道トンネルへ。妙義神社ではここの特徴である国指定重要文化財の本殿廻り、石垣、長い階段を堪能。

180715_karuizawa_tomioka_009.jpg

180715_karuizawa_tomioka_011.jpg

180715_karuizawa_tomioka_008.jpg



めがね橋、鉄道トンネルは散策路を兼ねています。※めがね橋は国指定重要文化財

180715_karuizawa_tomioka_014.jpg

180715_karuizawa_tomioka_013.jpg




軽井沢ではまず軽井沢千住博美術館へ。(西沢立衛さん設計)内観写真は撮影できませんが、外観はこんな感じです。

180715_karuizawa_tomioka_015.jpg

将来建物廻りの木々が育ったとき、西沢立衛さんのHPにある写真のようにガラスに貼られているスクリーンが外されることを期待します。内観は評判通りいい感じです。


白糸の滝に立ち寄り、、、

180715_karuizawa_tomioka_017.jpg

180715_karuizawa_tomioka_016.jpg



旧三笠ホテルへ。こちらも国指定重要文化財。

180715_karuizawa_tomioka_018.jpg

当時(明治・大正)の政財界の要人・文人に愛されただけあり、どこを撮っても絵になる隙のない建物でした。

180715_karuizawa_tomioka_020.jpg

180715_karuizawa_tomioka_021.jpg



そして最後にA.レーモンド氏設計による聖パオロ協会。深い庇や勾配屋根によるやさしいアプローチに対し、内部空間の拡がりの演出はさすがです。

180715_karuizawa_tomioka_022.jpg

180715_karuizawa_tomioka_023.jpg



posted by しまだ at 11:36| Comment(0) | 日記

2018年05月24日

焼津フューチャーセンターに参加してきました

静岡県のあちこちで活動されているNPO法人静岡フューチャーセンター焼津フューチャーセンターを発足。HomebaseYAIZUにて1回目のイベントが開催されました。

180523_焼津FC009.jpg

「フューチャーセンターとは、様々な立場の人と、1つのテーマに対して未来志向の対話をする場です。焼津フューチャーセンターは、焼津を中心に地域の課題からあなたの身近な課題まで、様々なテーマについて対話をしながら考えていきます。」というもので、初回のテーマは「HomebaseYAIZUの外にあるベンチにどうやったら人が座るようになるか」、、、身近すぎです。  で、そのベンチがこちら。

180523_焼津FC001.jpg


主催された土肥さんよる大まかな説明後、チームごとに案作り、プレゼンです。実際の立案時間は1時間ほどでしたが、どのチームも色々なコンセプトをもとに、多様な年齢層・立場の人たちが議論を展開している熱い様子は印象的でした。ただのベンチのこことですが。

180523_焼津FC006.jpg

180523_焼津FC007.jpg

180523_焼津FC008.jpg

今後は各案実現に向けブラッシュアップしていきます。
終電を逃し、焼津に一泊。HINATAにて海鮮いただきました。

180523_焼津FC010.jpg





以下はかなりかたくるしい話です。
「実はベンチの活用を促す」というのはかなり深いテーマになります。ヨーロッパでの広場や階段、ベンチなどに腰掛けくつろぐ様子を実現したい!というイメージがあるのですが、「街並みの美学(芦原義信氏著)」によりますと、ヨーロッパにくらべ日本では気候・歴史による民族の性格上、外部の空間を内部と同じように使う、という習慣がないのでむずかしい、とのこと。そこに挑むので習慣に組み込まれるようなもの、習慣ができるまで継続(いろいろやればよいかと)することが求められます。

また、ヨーロッパにおいてでも、どんな外部空間でも活用されるものではないようです。「パターンランゲージ(クリストファー・アレグザンダー著)」によると、ベンチやアルコーブ、ウッドデッキ、庭をつくっても、それが日常の動線として活用される場所にあるものは活用されるようです。確かに日本でも日常的な外部出入り口や通常廊下を兼ねている縁側は活用されますが、いろいろ利用イメージしてつくった外部空間で活用度が低いものはこれに該当していることが多いと思われます。

今回のベンチ設置位置は、日常の動線(商店街の道路沿い)には設置(いただきものを置いただけですが)しており、現在仮設の窓がついている部分をドアにすれば、建物出入りの動線とも絡み、活用される機会を伺っています。あとは習慣付けです。



posted by しまだ at 13:21| Comment(0) | 日記

2018年05月05日

太田市散策 〜群馬県太田市

GWに群馬県の太田市へ。大手自動車メーカーゆかりの地で、大きな工場もある企業城下町です。

180504_gunma_ota003.jpg

その企業の前身である中島飛行機株式会社の創業者である中島知久平氏が昭和5年に建てた旧中島家住宅(現:太田市中島知久平邸地域交流センター)は、平成28年7月25日に国指定重要文化財された豪邸です。まだ修復はすすんでいませんが、設計監督を宮内省内匠寮出身のかた(伊藤藤一氏)がしており、いいかんじです。

180504_gunma_ota021.jpg

180504_gunma_ota020.jpg
当時の和洋折衷

180504_gunma_ota022.jpg

180504_gunma_ota023.jpg




つづいて金山城へ。戦国時代には、北条・武田・上杉から圧を受けていた大変な城で、凌ぐための工夫を凝らした山です。石積が印象的です。

180504_gunma_ota001.jpg

180504_gunma_ota005.jpg

180504_gunma_ota006.jpg
山上にあるめずらしい池「日の池」。15世紀の築城前からある池で、民間信仰の神事に使われていたとのこと。いわれるとそう見えます。

森林浴がてら散策にも。

180504_gunma_ota008.jpg


近くには隈研吾氏設計のガイダンス施設もあります。無料です。

180504_gunma_ota009.jpg

180504_gunma_ota010.jpg




最後に太田市美術館・図書館へ。(平田晃久氏設計)
裏表がない、という外観で入口は3か所あります。内部は路地のようになっており、色々な動線を選ぶことができ、楽し気です。

180504_gunma_ota011.jpg

180504_gunma_ota014.jpg

屋上もぐるぐる廻れます。
180504_gunma_ota017.jpg



満喫しました。

180504_gunma_ota018.jpg

posted by しまだ at 12:17| Comment(0) | 日記

2018年05月02日

オープンまで2週間 〜Homebase YAIZU

5/12(土)にHomebase YAIZUのオープンイベントが行われます。
それに向けて、どこまでつくるか検証した結果、エントランス廻りの外観も着手することに。4/29,30の2日間でDIYしました。

180430_HomebaseYAIZU002.jpg

外観をいじり始めるとやはり近隣の方々の目をひくようで、作業中お声がけいただいたり、通りがかりの人たちがHomebase YAIZUについて会話していたり、と注目度が増していることを実感します。ただ、情報が錯綜しているようで、なんかができる、カフェができる、なかには「スタバができる」という会話も、、、コワーキングスペースです。


3月下旬にはこちらもDIYで壁面本棚をつくったり、壁に板を貼ったりと内装も徐々にすすんでいます。

180430_HomebaseYAIZU005.jpg


まだまだこれからも(オープンしてからも)作り続けるHomebase YAIZUです。継続的にDIYイベントも随時開催します。(DIY参加者随時募集です)

180430_HomebaseYAIZU001.jpg
posted by しまだ at 12:16| Comment(0) | 日記

2018年02月19日

初のイベント開催。 〜HomebaseYAIZU

#HomebaseYAIZU
2/17(日)に静岡県焼津の駅前商店街のHomebaseYAIZUを活用した最初のイベントが開催されました。その名も「港町・焼津のおつまみに舌鼓 地酒と一緒に楽しむ一夜」。焼津おんぱくのプログラムの一つです。

180217_yaizu_onpaku028.jpg
→HomebaseYAIZUについてはこちら


いつもながら地元の方々の手をお借りしてなんとか会場の準備も整い(本当になんとか、、、)

180217_yaizu_onpaku004.jpg

180217_yaizu_onpaku005.jpg


無事にスタート!イベントスペースは17人なら机+着席でもゆったり活用できそうです。

180217_yaizu_onpaku017.jpg


静岡の地酒による利き酒や焼津のおつまみとのマリアージュを楽しみました。美味しそうで、見てるのがつらくなります。

180217_yaizu_onpaku025.jpg

180217_yaizu_onpaku029.jpg

180217_yaizu_onpaku034.jpg


ここで初めて会った方々のお酒を通じた交流がはじまり、途中からは運営の人たちも一緒に。

180217_yaizu_onpaku037.jpg

180217_yaizu_onpaku030.jpg


HomebaseYAIZUはイベントだけでなく、日常的な無料コワーキングスペースとしてもご利用いただけますので、ぜひご活用ください!(当面不定期な営業なので、FB等でご確認、お問い合わせください→HomebaseYAIZUのFacebookはこちら)これからも活用するイベント、つくるイベント(DIY)実施していきます。

180217_yaizu_onpaku038.jpg

posted by しまだ at 12:30| Comment(0) | 日記

2018年02月05日

DIY企画vol.1 〜HomebaseYAIZU

2/4(日)に静岡県焼津の駅前商店街のHomebaseYAIZUにてDIY企画の第1弾が実施されました。
→HomebaseYAIZUについてはこちら

180205_homebaseyaize001.jpg


建物を参加型DIY企画をしながら徐々につくっていこうというプロジェクトの第1弾です。Facebookで告知したところすぐ定員は埋まってしまったのですが、気にしないでいたら当日参加いただいたかたも含めにたいそうぎやかに。こんなゆるい感じでスタートしました。

180205_homebaseyaize003.jpg


使う材料も建築の下地でつかう安い材料、かつホームセンターで買えるものでつくるので気楽に取り組めるようにしてます。

180205_homebaseyaize011.jpg


参加者いただいた方々の年齢性は老若男女問わず。お子様連れで一家で取り組んだり、参加者同士で助け合ったりしながら徐々に人がつながっていく様子が印象的でした。

180205_homebaseyaize004.jpg



なかでも女子パワーは圧巻でした。DIYは初めてだけどずっとやってみたくて、という人が多く、最初はおそるおそるだった作業が昼には丸ノコ、のこぎりを使いこなし、夕方にはこちらの指示不要でガンガンつきすすみ、打上げが始まっても「もうちょっと!」といって作業に向かう姿はたくましい限りでした。チームリノベ女子in焼津の誕生。

180205_homebaseyaize005.jpg


お昼や打上げのときにはあちこちで情報交換。

180205_homebaseyaize006.jpg

180205_homebaseyaize008.jpg


もちろんこんなハプニングもありましたが、これはこれで次につながるようです。(最後に人前に出すものは強度の確認をします)

180205_homebaseyaize009.jpg


皆さんにつくってもらった建物が、商店街の景色になるとおもしろそうです。

180205_homebaseyaize010.jpg


ちなみに、今回参加いただいた多くのかたから、「また来たい!」「次回はいつ?」というご要望を多数いただきました。作るものはまだまだいくらでもございますので、また企画したいと思います。しないと建物が完成しないので。
posted by しまだ at 13:26| Comment(0) | 日記

2018年01月30日

ダンドリワークス日南オフィス設計コンペティション 公開二次審査および結果のご報告

1/19〜21まで宮崎県日南市の油津商店街に行ってきました。商店街再活性化に向けた取り組みで全国から視察が集まってくる注目度の高いエリアです。

180120_aburatsu002.jpg

今回は1/20に表題コンペの公開二次審査プレゼンのために、そしてやはり話題の油津商店街およびその界隈を視察するため、3日間スケジュールをおさえじっくり滞在しました。ちなみにコンペの結果は見事優秀賞(おしくも)でした。100案近い提案の中でプレゼンされた4案はいずれも個性的で、よい刺激をいただきました。※後藤組設計室 後藤さんと共同設計
結果サイトはこちら
→わたしたちの提案書はこちら「あぶらつ・ねんゴロ」

180120_aburatsu001.jpg
※写真は発表順抽選する後藤さん(右)の様子

さて、油津ですが、自転車でくるりと回れる範囲内にサーフィンができる海岸あり、釣りができる入江あり、商店街あり、飲み屋街あり、歴史的建造物あり、港あり、とコンパクトに色々楽しめる町です。ここにIT企業のサテライトが集まっているという状況は、日本のシリコンバレーと呼ばれるのも納得です。

180120_aburatsu005.jpg

180120_aburatsu004.jpg

180120_aburatsu007.jpg

180120_aburatsu008.jpg

180120_aburatsu011.jpg

宿泊したfan!-ABURATSU。店長さんと呑み明かしました。
180120_aburatsu003.jpg

コンペの後、一緒に参加した設計事務所の方々と油津の夜を満喫しました。美味でした。
0001.jpg
posted by しまだ at 17:51| Comment(0) | 日記