2018年01月16日

年始からも解体→大工さん入りました 〜Homebase YAIZU project

今年は1/6より焼津で仕事はじめです。
この日から大工さんが入り、つくる作業がはじまりました。構造体や専門性の必要な箇所はプロにやっていただきます。他は地道にDIY。

180106_homebaseyaize003.jpg


解体のほうも順調にすすみ、道路側の開口部のサッシや下がり壁が撤去され、商店街との一体感が高まりました。

180106_homebaseyaize001.jpg

部屋の間仕切壁は撤去され、1階は大きな平面的な広がりを感じられるようになりました。天井も古材の梁や2階床の下地板が現れ、古民家感満載です。

180106_homebaseyaize003.jpg

2/4に参加型DIYワークショップがあります。今回計画しているのは、廃材を活用した木タイルづくりです。メインの壁面を飾ります。

180204_DIY01.jpg

詳細はまた後日告知させていただきます。
posted by しまだ at 09:50| Comment(0) | 日記

2017年12月28日

「調査」から「壊す」の解体へ 〜Homebase YAIZU PROJECT

※Homebase YAIZUについてはこちら
 →http://nine.sc/info/214

12/26-27とまとめて解体作業に入りました。今年最後の作業となります。今回からは「壊すための解体」です。

171226_homebaseyaize001.jpg

これまでは調査目的の解体が主だったので手探りな解体をしており地道な作業でしたが、そのかいもあり色々な発見と十分な計画検証ができ、残すところと壊すところが明確に。おもいっきり壊す!という解体の醍醐味を堪能する段階に入りました。(上の写真は木づちをブンまわすNINEの渋谷さん)

継続的な調査・発掘も引き続き継続中です。立派な味のある古材がでてきます。

171226_homebaseyaize002.jpg


2階については以前は住居として使われており生活感満載でしたが、まとめて整理し事務所としてのたたずまいに一変。耐震改修がおわれば、そのままでも使えそうです。

171226_homebaseyaize003.jpg


以前から商店街を通る方々からDIY作業中にお声がけいただくことはよくありました。が、今回からはついに「一緒にやりたい」と近隣在住のかたが参加してくれました! 昔の商店街のにぎわいを知るかたで、再び活気を取り戻せるよう自分でも何かしたい、という気持ちでの参加だそうです。こういうかたが来てくれただけで、プロジェクトの成果が出た気分になりこちらのモチベーションになります。こんな感じで徐々に浸透し拡がることを期待しています!

171226_homebaseyaize005.jpg

次回は年明け1/6(土)に壊します!

※お昼は「かどや」のまぐろカツ定食(マヨ)でした。

171226_homebaseyaize004.jpg

posted by しまだ at 13:15| Comment(0) | 日記

2017年12月14日

職人さんと打合せ(作戦会議) 〜Homebase YAIZU Project

12/13(水)本日は引き続き解体作業および作戦会議です。
作戦会議はDIYでは難しい工事をお願いする大工さん、電気屋さん、協力いただいている地元工務店さんとの現場打合せです。古い建物の改修は色々難しいので、職人さんたちと現地を確認しながら工事計画を詰めていきます。

171213_homebaseyaize001.jpg

今回の解体は、主に打合せで確認したいところをとりこわしていきます。想定の軸組(構造材)が実際そのようになっているか目視できるようにします。昨今の建物のように壁の位置に合わせて梁があるわけではないので、なかなかあけてびっくりもありましたが、各所調整し工事内容を確定することができました。

解体にあたり、地元協力者の支援により強力なアイテムをお借りすることができました。木槌は1mくらいあります。

171213_homebaseyaize002.jpg


早速、木槌の強烈な一撃を与え、一瞬にして壁解体完了。さすがです。

171213_homebaseyaize003.jpg


2階へあがり畳を剥がすと、数十年前(45年以上前)の床下地板がでてきます。今回は構造上の都合で構造用合板に張り替えるので、この古材の板は内装で活用する予定です。年季の入った部材は下地でも味のあるお宝です。

171213_homebaseyaize004.jpg


次回は12/26-27の年の瀬に発掘・解体予定です。

171213_homebaseyaize005.jpg

posted by しまだ at 09:56| Comment(0) | 日記

2017年11月22日

解体はじめました 〜Homebase YAIZU PROJECT

IT企業ナインによるHomebase YAIZU PROJECTはコワーキングスペース事業を通じ、商店街活性化のお手伝いを目指しています。焼津駅前通り商店街で木造テナントを借り、11/16より改装のための解体工事に着手しました。DIYで行います(難しいところ以外は)。
まずは腹ごしらえ。商店街にある「大衆食堂ふうみや」へ。

171116_homebaseyaize001.jpg


さて、今回のリノベーションのテーマとしては「引き算+発掘」です。まず現況から余分なものを取り除くことで価値をたかめ、そしてその過程ででてくる歴史を発掘しつつ新たな活用をしていきます。取り除いた廃材を再利用するため、丁寧に解体しています。

171116_homebaseyaize003.jpg


古い木造の建物なので、解体をすすめているといろいろな発掘があります。天井が二重になっており、昔の味のある天井がでてきたり、味のある柱がでてきたり。

171116_homebaseyaize007.jpg

171116_homebaseyaize008.jpg


現地で作業をしていると、通りがかりや商店街の方々から声をかけてもらいます。ヒシヒシと期待をかんじつつDIYに励みます。DIYについては参加型ワークショップを予定しています。詳細はまた後日。1月末頃プレオープン予定です。

171116_homebaseyaize010.jpg
posted by しまだ at 11:47| Comment(0) | 日記

2017年09月24日

モザイクタイルミュージアム〜虎渓山永保寺 岐阜県多治見市

焼津での打合せから少し(?)足を延ばして虎渓山永保寺に。多治見はモザイクタイルの産地で、2016年にはモザイクタイルミュージアムが開館しました。ジャガイモのよう面白いかたちです。
※設計は藤森照信さん

170922モザイクタイルミュージアム001.jpg

170922モザイクタイルミュージアム002.jpg

170922モザイクタイルミュージアム003.jpg
暗がりの階段をのぼり最上階へ。

170922モザイクタイルミュージアム004.jpg

170922モザイクタイルミュージアム005.jpg
タイル張りの空間は実は屋外。テーブルや椅子もタイル貼です。



ミュージアムの近くには、お坊さんで作庭で知られる夢窓疎石(鎌倉時代末期)により開設・作庭された「虎渓山永保寺」があります。国宝の建物が二つも!

170922永保寺001.jpg

山麓の川沿いにある永保寺の地形を活かしつつお寺の雰囲気をつくった配置計画はいいかんじです。

170922永保寺002.jpg

170922永保寺004.jpg

170922永保寺007-1.jpg

170922永保寺008.jpg

170922永保寺009.jpg

170922永保寺010.jpg

170922永保寺011.jpg

170922永保寺012.jpg

170922永保寺013.jpg

170922永保寺014.jpg


これで山梨の恵林寺、京都の等持院(こちらはおそらく夢窓作庭)と合わせ3つ夢窓疎石の庭を拝見。等持院については学生時代に偶然立ち寄ったのですが、初めて庭というものに感動した場所でした。近々鎌倉の瑞泉寺へいきたいです。
posted by しまだ at 23:33| Comment(0) | 見学・旅行

2017年08月22日

安楽寺八角堂〜上田市内散策

8/16-17は長野県上田市に。お目当ては安楽寺八角堂(国宝)です。
上田駅から車で30分ほどのところにある温泉街「別所温泉」にあるお寺です。苔むす階段を上り徐々に近づいていきます。

170817安楽寺八角堂-000.jpg

170817安楽寺八角堂-008.jpg
林の間から見えるシルエットもさることながら

170817安楽寺八角堂-005.jpg
近くから見上げた屋根の重なりがおりなすなんとかがシビレます。看板にも書いてありましたが「塔は見上げるもの」というのがよくわかります。



今回、上田での宿泊はゲストハウス「犀の角」に。劇場のあるゲストハウスです。場所は上田駅前の海野町商店街。

170817上田-002.jpg

170817上田-001.jpg
改装の過程でセルフビルドやワークショップによる家具作りなどを行いながら、オープンまでの過程で地域に浸透させているそうです。


周辺を散策していると面白いものが色々あるのですが、そのうちの一つ「袋町」。300店の店が集まる歓楽街が集中しているエリアで、情緒というか、雰囲気があります。夜もさることながら朝もなかなかです。

170817上田-004.jpg

170817上田-005.jpg

170817上田-006.jpg



もう一つ、「海野町パーク駐車場」。海野町商店街通りの裏手にある立体駐車場です。車の出入口を商店街側に設けず、さらに駐車場利用者出入口と商店街の間に公園を設け、商店街の休憩スペースを兼ねています。他の一般の駐車場も、通りに駐車場を感じさせないようになっているようです。

170817上田-007.jpg
商店街から公園への入口

170817上田-009.jpg
くつろげる緑があり、トイレも完備しています。

170817上田-008.jpg
この奥が利用者入口です。間伐材を利用し公園側を木で飾っています。

駐車場のありかただけでも街並みがずいぶん変わる、と思いました。
posted by しまだ at 10:09| Comment(0) | 日記

2017年08月20日

小布施散策

8/15 小布施(長野県)に視察(旅行)に行ってきました。古くから残る街並みを活かしたまちづくりを進めている町です。今回はその一環として整備された「小径(こみち)」「まちとしょテラソ(図書館)」「オープンガーデン」を見てきました。

170816小布施-017.jpg


小径
1980年頃から街並修景事業として個人・事業者・行政が一体となり、北斎館周辺を 居住空間・商工業空間を併せた回遊できる界隈に修景。いまのまちづくりにつながっています。小径には地元特産の栗の間伐材を活用した舗装がされており、随時修復されています。

170816小布施-005.jpg

170816小布施-009.jpg


まちとしょテラソ
「学びの場」「子育ての場」「交流の場」「情報発信の場」という4つの柱による「交流と創造を楽しむ、文化の拠点」という理念のもとで建築されましたまちとしょテラソ。コンペにより古谷誠章さん(ナスカ)により設計された図書館です。

170816小布施-004.jpg

学校・市役所・駅からどこからでもアクセスできる空間には、勉強している学生・調べ物の老若男女・児童コーナーで遊ぶ幼児が一つ大きな屋根の下で空間を緩やかに共有しています。

170816小布施-001.jpg

170816小布施-002.jpg


オープンガーデン
2000年から始まった、個人等の庭などを一般に公開する活動です。「外はみんなのもの、内は自分たちのもの」という概念のもと、だれでも参加できるそうです。一般の住宅の庭やお店の庭に出入りでき、気づくと小径につながったりしています。参加している庭には、入口に「Welcome to My Garden]と書かれた看板が掛けられています。

170816小布施-006.jpg

170816小布施-007.jpg
個人のお宅をお邪魔したり

170816小布施-015.jpg
お店のなかを通ったり

170816小布施-016.jpg

170816小布施-018.jpg

170816小布施-019.jpg
庭に植える野草を栽培していたり

170816小布施-020.jpg
酒蔵の裏側を歩いたり

170816小布施-022.jpg
お店の横道を通ったり

170816小布施-023.jpg
学校にはいったり

170816小布施-027.jpg
学校は猫にも開放。

小径やオープンガーデンが多様な散策路となって、エリア全体が健康的な感じがしました。


古い建物(他にもたくさんあります)
・国指定重要文化財の浄光寺薬師堂(室町初期1408年建立)
とにかくいい感じのお寺です。

170816小布施-024.jpg

170816小布施-025.jpg


・高井鴻山記念館
このかた自体がかなり面白い人です。合わせて建物も面白いです。

170816小布施-010.jpg

170816小布施-011.jpg

170816小布施-008.jpg

小布施、濃密でした。
posted by しまだ at 09:43| Comment(0) | 見学・旅行